意外な効果が期待できる日常の掃除の時間とは

精神を落ち着ける方法

掃除

キレイにすることが大事

メンタルが弱っている時は何をするのも嫌になってしまうものです。元々、動くのが好きではなかったりキレイ好きではなかったりする人はトイレ掃除をするのも億劫に感じることでしょう。しかし、そのままにしているとどんどん汚れが溜まってしまいます。そう簡単には掃除をしても落とすことはできません。かえって嫌になってしまうことでしょう。そこでおすすめなのが、メンタルが弱っている時こそあえてトイレ掃除をすることです。汚いところがキレイになっていくとテンションが上がります。メンタルもいつの間にか回復していることがあるのです。汚いところがキレイになるというのは、当然、清潔感もあります。見栄えも良くなり心が軽くなるはずです。トイレがキレイになったら、今度は別の汚いところが目につくようになります。今度は洗面所、浴室というように目についたところをどんどん掃除するようになるかもしれません。こうして家の中の様々なところがキレイになったら、スッキリとした気持ちになれることでしょう。つまり爽快感や達成感を得られるというわけです。これがメンタル回復に役立ちます。ストレスが溜まったり嫌なことがあったりして気分が落ち込んでしまっている時は、何か集中できそうなことを見つけましょう。手っ取り早いものが掃除になります。掃除はやっておいて損はありません。むしろ一石二鳥と言えるでしょう。家の中が片付きキレイになるので、家族にも喜ばれること間違いありません。体も動かすことになるので運動不足の人にとっても一石二鳥となります。

メンタルがやられている時は全く動きたくなくなってしまいます。いわゆる引きこもりになってしまう人もいることでしょう。専業主婦の場合、家事ができなくなってしまうのは致命傷です。家の中が汚くなってしまいます。特にトイレが汚くなると家族も嫌な気持ちになってしまうことでしょう。そんなふうになる前に改善策を見つける必要があります。一番良いのは精神科や心療内科にかかることです。専門の先生に診てもらうことで正しいアドバイスが貰えます。うつ病などの病気になっている場合はすぐに治療を開始してくれることでしょう。症状が軽く、薬に頼らなくても生活を改善することで治るといった場合には体を動かすように言われることもあります。引きこもって動かないとどんどん億劫になってしまうからです。例えば、トイレ掃除をしてみるのも一つの手段です。トイレ掃除に集中することでメンタルが回復することもあるからです。それにトイレがキレイになると嬉しく感じられることでしょう。喜びや楽しさを見つけられれば、気持ちがそちらに向くようになります。トイレ掃除のついでに他の水回りの掃除も始めるようになるかもしれません。家の中が汚れていたり暗かったりすると、それがそのままメンタルに影響してしまうこともあります。心までどんよりと暗くなってしまうのです。心を明るく晴れやかにしたいのなら、家の中をキレイにしましょう。日光をとりいれて窓を全開にして通気を良くするのもいいかもしれません。こうして体を動かしてやるべきことに集中すれば、いつの間にかストレス発散となります。

Copyright© 2020 意外な効果が期待できる日常の掃除の時間とは All Rights Reserved.